≪11月   2017年03月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ママちゃんのこと ~その4~
ママちゃんと初めて対面したときのことをこれから書きます。

9月のある朝、カナのお散歩にでかけたときです。

私の前を遮るようにいきなりママちゃんが飛び出してきました。

そしてきちんと居ずまいを正した姿勢で座り、私の顔を見上げてひと声鳴きました。

「子供達にご飯をください」……そう言っているのだと感じました。

するとそのタイミングで物陰から子猫2匹も現れ、ママちゃんと同じように私を見つめます。

野良猫に無責任にご飯をあげてはいけないと考え、それまでぐっとこらえていた私でしたが、直訴されてはもうダメです。

全速力で家に走り、リクのフードを失敬してママちゃんたちのところへ戻りました。

ママちゃんが私を待っているかどうか不安でしたが、親子3匹揃ってちんまり座って待っていました。
638


近所の庭に入り込んでゴミ袋をあさっているママちゃんを見たことがあって、不憫で気が気でなかった私はその日やっと気持ちが晴れました。

ママちゃんたちが今日はお腹いっぱいご飯を食べられたと思うと、しみじみとホッとして幸せな気分でした。

それをきっかけにして、その後5ヶ月の間、私とママちゃんはほぼ毎日顔を合わせることになります。

いま思えばたった5ヶ月間ですが、いろんなことを考えさせられ教えられ、情緒をゆさぶられるような日々でありました。

639
      そのお話はまた今度……






コメントはお休み中です。  ごめんなさい。 
  メールはこちら  kana_riku_0910@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
ママちゃんのこと ~その3~
ママちゃんは母性あふれる猫で4匹の子猫の面倒をよく見ていました。

子猫が少し大きくなると4匹を従えて外出するようにもなりました。

子猫たちが独り立ちできるよう、教えることがたくさんあったのでしょうね。

でもその頃、4匹のうち2匹が交通事故で死んでしまいました。

私は知りませんでしたが、ママちゃんが死んだ子猫をくわえて歩いていたと、近所の人が話していました。

628
私とママちゃんが接するようになったのは、その事故のあとでした。

その頃のママちゃんはひょろりとやせてかわいそうで、けれど健気で強くて、
とてもかわいい魅力的な猫ちゃんでした。





コメントはお休み中です。  ごめんなさい。 
  メールはこちら  kana_riku_0910@yahoo.co.jp
ママちゃんのこと ~その2~
ママちゃんと子猫たちのある日の様子。
ニャンコの授乳シーンを初めて見た私は、感動のあまりヘナヘナと力が抜けてしまいました。
617

おとなになっても猫がぎゅうぎゅう好きな理由がわかるようです。
ぎゅうぎゅうしていると子供の頃を思い出して安心するんでしょうね。




ママちゃんはまだ私のことを知らず、
私だけがこっそりとママちゃん一家の生活をのぞいていた頃の写真です。
618





コメントはお休み中です。  ごめんなさい。 
  メールはこちら  kana_riku_0910@yahoo.co.jp

ママちゃんのこと ~その1~
チビのお母さんの「ママちゃん」です。
610
野良猫のママちゃんは、ご近所のお庭で4匹の子猫を産んだのでした。



この子猫たちの中にチビもいます
612 ← ←現在のチビ



ママちゃんが赤ちゃんを産んだのは2006年の6月頃。
この写真を撮ったときはママちゃんと私は赤の他人でありましたが、
この後親交を深めることになるのです。


そのお話はまた今度。



コメントはお休み中です。  ごめんなさい。 
  メールはこちら  kana_riku_0910@yahoo.co.jp
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。