≪05月   2010年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちびりん坊
リクのこの後ろ姿…

なさけないことになっているのですがわかりますか?

2328



実はオシッコちびってます
2329

完全室内飼いのリクですが、夜はほんの少しだけ外に出してあげます。

外に出るとリクは1階まで降りて行って、まわりの風景を興味深そうに眺めて過ごします。

私はリクがどこかへ行ってしまわないように監視しているのですが、昨日は思わぬことが起こりました。

1階へ下りて行くはずのリクが突然上階に上がって行ってしまったのです。

そして、自分で上がって行ったくせにいつもと周りの様子が違うせいでパニックになってしまいました。

夜も遅いというのにすごい声でギャオギャオと鳴きます。

私は必死でリクをつかみ、抱え込むようにして部屋に戻ったのですが、リクは恐怖のあまりちびってしまったのでした。

前にも一度こんなことがあって、それからしばらくは外に出さないようにしていたのですが、私もリクものどもと過ぎたら忘れてしまいました。

でも、いつもとちょっと違うところに行っただけでこんなにパニックになってしまうリク。 困ったものです。

私がいつもそばにいるのに何ですぐにあわてるんだろう…?

絶対に守ってあげるんだから安心して、もうちびらないでねリク^_^;


2333



スポンサーサイト
カナちゃんグッズ ~その4
『トリミングカード』


これはカナがお世話になっていたトリミングサロンのカードです。

スタッフの皆さんにはいつもやさしくしていただきました。

特に先生には感謝してもしきれない気持ちです。
2330


というのは、カナは前に通っていたサロンで怪我をさせられたことがありまして、

それ以来トリミングをひどく怖がるようになってしまいました。

せめてトリミングの時に私がそばについていてあげたいと思い新しいサロンを探したのですが、それは問い合わせたどこのサロンにも断られました。

飼い主がそばにいると犬の気が散るということが理由のようでした。

そんな中、何件目かに電話をかけた米原先生が事情をくんでくださって、そばについていられることになりました。

本当にありがたかったです。

実際トリミング中に私の姿がカナの視界に入ると、こちらに来たがって暴れるようなことがありました。

先生にはご苦労をおかけしたと思いますが、おかげさまでカナのストレスは最小限ですんだと思います。

カナのトリミングを待っている約2時間ほど、私はカナのそばで本を読んだり先生とおしゃべりしたりしながら過ごしていました。

その時間が今では懐かしく思い出されます。

2331

年を取ってからはトリミング中しっかり立っていることができなくなったり、トリミング後2日くらいは疲れてぐったりするようになりました。

家でこまめにシャンプーしてあげて、トリミングはできるだけ回数を減らしたいと思うようになりました。

ですから、最後に先生にお世話になったのは去年の9月ということになりました。

きれいに仕上げてもらったカナを抱っこしながら、送り出してくれた先生に挨拶をしましたが、それが最後のトリミングになるとは全く思っていませんでした。

2332

ブラッシングも爪切りもシャンプーも何もかも、体を触わられることが苦手だったカナちんですから、今頃はトリミングから解放されてホッとしているかもしれません。

カットしたばかりのワラビーみたいなカナの顔が私は大好きでした。

今もそんなカナの顔をよく思い浮かべます。


Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。